ローン支払い中の車買取

あなたの愛車の車検証に記載の所有者欄の名義は誰になっていますか?
これが自分ではなくローン会社の場合、買取してもらうことは不可能となっています。

なぜなら車の売却は、
車検証の使用者の欄が自分の名義であっても、
所有者が自分の名義で無い場合、
売却できないシステムになっているからです。

しかし、ローンは組み換えできるのはご存知でしょうか?
この方法を使えば、例えローンを全て払い終わっていなく、
所有者の名義が自分でなくとも、
車うを売却することは可能となっています。

今ではほとんどの車買取業者が、
この「ローン組み換えのサービス」を提供しています。

「ローン組み換えのサービス」とは、
車を売却するのにあたって、
まだ未払いのローンがある場合、その金額を買取業者が完済してくれます。

そして、その完済してもらった分だけを、再度買取業者でローンを組みなおすのです。
そうすつことによって、車が売却できるようになります。

 

買取金額が肩代わりしてもらった金額より高い場合

例えば、ローンの残債が50万だとします。
そして車の買取金額が70万の場合、
まずローンを肩代わりしてもらいます。この時点ではあなたのローンの残額は変わりません。(つまり残額50万)次に、車の買取金額が70万なので、肩代わりしてもらった金額50万の返済に充てます。(ローンの残額なし。完済。)
そして差し引いた残りの20万があなたの手元にきます。

 

買取金額が肩代わりしてもらった金額より低い場合

上記と同様に、ローンの残債が50万だとします。
そして車の買取金額が30万の場合、
まずローンを買取業者に肩代わりしてもらって、ローンを完済します。
しかし、買取業者で肩代わりしてもらった分の金額を再度ローンを組みなおしますので、ローンの残額は変わりません。(つまり残額50万)次に、車の買取金額が30万なので、肩代わりしてもらった金額50万の返済に充てます。(ローンの残額20万)

 

以上がローン支払い中の車買取の参考例です。
下記のページに車の売却の際に大切なことを記載しております。
是非ご覧ください。
>>車買取で大切な2つのこと

サブコンテンツ

このページの先頭へ